http://c-sol-cure.com/

神経系

ご覧いただきありがとうございます


コンディショニング&鍼灸治療院 SoLです

http://www.c-sol-cure.com/

小田急線 新松田駅より徒歩7分

東名大井松田インターより車2分

 

 

今回は『成長曲線』神経系

f:id:c-SoL:20200128104828j:image

人間の成長は、発達する器官が年代によって違いがあります

これは前回のグラフ

f:id:c-SoL:20200128142734j:image

 

下記の図は「スキャモンの発育曲線」の運動神経の発達を年齢ごとにグラフ化したものです

f:id:c-SoL:20200128142800j:image

運動神経の成長は、5歳のころまでに80%

14歳時にほぼ100%に到達します

この時期に、効率的に運動能力をアップさせることができます

 

プレゴールデンエイジ 3〜8歳
3~8歳の間に神経系が急速に発達
この時期は、体の使い方の基礎が養われる時期で、特定のスポーツではなく、いろんな動きにチャレンジしてみましょう

子供が興味を示しそうなものをどんどん与えて、一緒に遊んであげること良いでしょう
この時期に室内ゲームばかりして身体を使って遊ばないと、せっかくの才能を眠らせたままにしてしまいます


ゴールデンエイジ 8〜11歳
神経系の発達が90%に達します

この時期になると、見ただけで即座に習得することができると言われています
ただし、プレゴールデンエイジできちんと基礎的な動きができるのが前提ですのでご注意ください
将来アスリートを目指すのであればこの時期からスポーツ練習に集中するとよいでしょう
プロ並の技術を習得することも可能かも

今までできなかったことが、ある日突然できるようになったというのも、この時期が多いのが特徴
筋力がないので、テクニック面を強化するのに適した時期です


ポストゴールデンエイジ 11〜14歳
神経系が成熟し発達が止まってしまう時期です
筋肉、骨格が発達するこの時期は、ゴールデンエイジで身につけたテクニックを実践で生かすパワーが養われます
テクニックの習得には不向きで、どちらかというと戦術を身につけたり、頭を使って上達していく時期になります
「自らの課題を発見し、克服していく」というより質の高い練習が良いでしょう

 

 

神経系の発達は小さい時に、いかに遊ばせてあげられるかになります

そこで習得した運動能力が後々の差となって現れる事が多いと思います

 

オリンピック選手などは3歳ぐらいから始めている方の方が多くいる印象です

 

この時期にやっていなかったからダメという事はないので、効率的なトレーニングが必要になるのでは無いかと思います

 

 

当院は
スポーツ疾患
(捻挫・肉離れ・オスグッド・シーバー病など)
腰痛・膝痛・肩痛などの
長引く痛みの改善に力を入れております
お気軽にお問い合わせ下さい!

 

はり”と“メディカルテーピング”を組み合わせて施術いたします!
急性期~慢性期も施術可能な治療院

 


コンディショニング&鍼灸治療院 SoL
0465-83-9480
ホームページ

www.c-sol-cure.com

 

 


#スポーツ障害
#腰痛
#ぎっくり腰
#膝痛
#足柄上郡

#大井松田
#小田原周辺
#メディカルテーピング