http://c-sol-cure.com/

筋肉の種類 ~その③~

ご覧いただきありがとうございます


コンディショニング&鍼灸治療院 SoLです

http://www.c-sol-cure.com/

小田急線 新松田駅より徒歩7分

東名大井松田インターより車2分

 

 

今回は『横紋筋・平滑筋』

 

「横紋筋、平滑筋」:筋繊維の表面に横紋柄があるか否かで分類したもの

f:id:c-SoL:20191228161330j:image

筋肉の繊維の一番小さい繊維に当たる「筋原繊維」内にある、「サルコメア」というものを多く持っている筋肉を「横紋筋」と呼び、サルコメアを持っていない筋肉を「平滑筋」と呼びます

f:id:c-SoL:20191228161336j:image
このサルコメアが存在すると、筋肉の表面の柄が横紋に見えることから、横紋筋と名付けられています

サルコメアが存在しないと、筋肉の表面に横紋は存在せず、それらは平滑筋と名付けられています


サルコメアとは
サルコメアは、筋肉が収縮する時の最小単位のこと

サルコメアの長さが短くなることで、筋肉が縮んでいます

 

サルコメアは、「アクチンという明帯」と「ミオシンという暗帯」が規則的に並んで構成されているので、縞模様になっています


筋肉収縮時は、アクチンがミオシンに滑り込み、サルコメアの長さが短くなっています


横紋筋は、収縮によって大きな力が発揮できるよう、サルコメアが多数存在します

例えば、腕や足などの筋肉は大きな力発揮が必要なので、横紋筋で構成されています


平滑筋は小さな力が発揮できれば良いので、サルコメアは存在しません

内臓などの筋肉は、大きな力は必要なく、小さく継続的な収縮ができれば良いので、平滑筋で構成されています


平滑筋も収縮するために、少数のアクチン、ミオシンが存在しています

アクチン、ミオシンが存在していますが、サルコメアのようにアクチンとミオシンが規則的に並んでないので、縞模様にはなっていません

 

 

当院は
スポーツ疾患
(捻挫・肉離れ・オスグッド・シーバー病など)
腰痛・膝痛・肩痛などの
長引く痛みの改善に力を入れております
お気軽にお問い合わせ下さい!

 

はり”と“メディカルテーピング”を組み合わせて施術いたします!
急性期~慢性期も施術可能な治療院

 


コンディショニング&鍼灸治療院 SoL
0465-83-9480
ホームページ

www.c-sol-cure.com

 

 


#スポーツ障害
#腰痛
#ぎっくり腰
#膝痛
#足柄上郡

#大井松田
#小田原周辺
#メディカルテーピング