http://c-sol-cure.com/

大腰筋 とっても大切な筋肉

ご覧いただきありがとうございます
神奈川県足柄上郡にあります
はり”と”メディカルテーピング”を組み合わせて施術する!
急性期~慢性期も施術可能な治療院
コンディショニング&鍼灸治療院 SoLです

 

今回は『大腰筋

作用→ももを上げる(大腿部の屈曲)

   ももを固定すると座った状態で体幹が屈曲(腹筋の動き)

f:id:c-SoL:20191031150243j:image

 起始・停止(筋肉のつく場所)の位置が腰からももの前になります

座った状態や立っている状態が長くなったりするとこの筋肉は常に収縮(縮む)か伸展(伸ばされた)された状態になります

大腰筋に柔軟性が無いとトラブルの原因!

 

「大腰筋」と聞いて、聞きなれない筋肉の名前かも知れませんが、テレビなどで ”腸腰筋”と言われていて、こちらだと聞いたことのある方いるかも知れません

 

 

腸腰筋と言われている理由

3つの筋肉の作用→屈曲(股関節を曲げる)

筋肉の停止部位(オレンジ色〇)大腿骨小転子に3つの筋肉が付くこと

f:id:c-SoL:20191031151922j:image

 ただ、大腰筋と腸骨筋の屈曲作用には違いがあります 

※当院では分けて使うため腸腰筋という名称は使いません

 

作用の違い

起始部(筋肉の始まりが骨盤からと腰骨からで違います)

この違いが作用の違いに繋がります!!

 

大腰筋は身体の中心部分にあることで、そこから上肢や下肢に繋がります

大腰筋を調整すると目元なども変わります

 

筋肉は筋膜という膜で全身繋がている

(膜で繋がっているので全身タイツを着ているような状態になります)

どこかに問題があるとそこに引っ張られ別の場所に問題が起こってきます

 

色々な痛みなどで当院にも患者さまがいらっしゃいますが、

大腰筋に問題のない方は少ないです

 

大腰筋を改善することで症状に変化が出てきます

 

当院は
スポーツ疾患
(捻挫・肉離れ・オスグッド・シーバー病など)
腰痛・膝痛・肩痛などの
長引く痛みの改善に力を入れております
お気軽にお問い合わせ下さい!

コンディショニング&鍼灸治療院 SoL
0465-83-9480
ホームページ
http://www.c-sol-cure.com/


#スポーツ障害
#腰痛
#ぎっくり腰
#膝痛
#足柄上郡
#小田原周辺
#メディカルテーピング